■性病としての毛じらみ


   最近、毛じらみは、性行為感染症の一つとして捉えられるようです。
   また、性行為感染症といっても、他と違い、陰毛同士の接触で
   感染するため、コンドームなどでは感染は防ぐことが出来ません。
   毛じらみが感染しやすい不潔な場所や、サウナ等、不特定多数の
   人たちが利用する場所でのタオル等にも注意が必要です。毛じらみは
   人間から離れても、24時間ぐらいは生きています。タオルや布団からも
   うつる可能性があるというわけです。

   セックスに関係のない家族にも簡単に感染してしまうため早めの処置も
   必要となります。毛じらみと診断された場合パートナーや家族も調べて、
   感染していたら同時に治療しなければいけません。家族やパートナーに
   検査を勧めるのは気が引けるものですが、それをしない限り、
   毛じらみに何度でも感染してしまう恐れがあります。

   外国で毛じらみに感染するケースもありますが事前に相手に毛じらみが
   いないか確かめるのは、なかなか難しいようです。検査は、とにかく
   かゆみが出てくるので自分で判断できるものです。また、目をこらして
   毛根部を見れば毛じらみがいるのを確認できます。はっきり毛じらみが
   確認できれば、早めに皮膚科で対処することでしょう。

   まず、毛じらみがいそうな不潔な場所を避けることが大事ですが、
   自分が感染してしまった場合、他人にうつさないようにすることも
   心がけなければいけません。皮膚科で早いうちに対処し、毛じらみを
   完全に駆除できるまでは、サウナ、プールなどの場所の利用も控える
   ようにしなければいけません。家族にも隠したりしないようにします。


■性病検査を受けてみよう!実は性病かも!?


ひとつ上の男へ★上野クリニック
今なら2,100円で性病検査!まずはオンライン予約から!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓


 ・毛じらみやコンジローム、ヘルペスなど
  気になる性病を2100円で一括検査!
 ・HIV、梅毒、B型肝炎の検査も併せて行える!
 ・毛じらみはセルフ薬治療で治らない場合も!
  勇気をもって診察を受けに行こう!



  【上野クリニック 所在地】

  札幌,仙台,大宮,八重洲,上野,新宿,渋谷,横浜,千葉,新潟,静岡,名古屋,
  京都,大阪,,岡山,広島,福岡,鹿児島など



■本サイト人気コンテンツ

  ★ 感染経路について
  ★ 性病としての扱い
  ★ 予防方法のご紹介
  ★ 薬で対応するなら
  ★ 具体的な症状は?